ひと月終えて(2017年03月)

桜の季節、東北新幹線に乗車すると、「上野」散り始め、「宇都宮」満開、「福島」5分咲き、「仙台」咲き始め、「盛岡」つぼみに雪というように、桜前線をかけぬけることができます。

ここでは、2017年03月の活動を振り返ります。


*写真は荒城の月の舞台といわれる「岡城址」

■企業研修

3月は、年間をとおして実施してきた次世代リーダー育成プログラムの成果発表会が数件ありました。1年をとおしてマネジメントの考え方と技術を学び、職場課題を形成して解決に取り組み、成果と成長を経営幹部に発表するものです。

発表会は受講者にとって晴れ舞台。私は講師席から発表がうまくいくように祈るだけです。そんな心配をよそに Read more

問題発見・解決力の調査と考察(3)完

■はじめに

私ども「株式会社トレイク」では、職場リーダーを対象に、問題発見・解決力を強化するトレーニング型の研修を実施しています。

このたび、問題発見・解決力に関する簡易診断ツールを開発して調査を行いましたので、その結果と考察について3回シリーズで紹介します。

第1回はこちら(調査概要について)
第2回はこちら(問題解決の能力間の相互作用について)

■第3回(最終回)のテーマ

第3回は最終回。問題発見・解決に関する知識・思考力が高い方は、 具体的にどのような点で優れているのかを明らかにし、そこから問題発見・解決力を強化するための方向性について考えます。(調査・検討は次の手順で実施)

(1)問題解決の知識・思考力について客観式テストを実施
(2)テストの高得点者に対して、問題解決に関する自己診断(36設問)との相関を発見
(3)問題解決力を高めるための方向性を検討

■高得点者にみられる特徴

上記(1)(2)から、高得点者には次の特徴が、”強く”みられました。 Read more

問題発見・解決力の調査と考察(2)

■はじめに

私ども「株式会社トレイク」では、職場リーダーを対象に、問題発見・解決力を強化するトレーニング型の研修を実施しています。

このたび、問題発見・解決力に関する簡易診断ツールを開発して調査を行いましたので、その結果と考察について3回シリーズで紹介します。

*第1回はこちら(調査概要について)

第2回は、問題発見・解決力を、問題解決プロセスにのっとり4つの能力に分解したうえで、能力間の相互作用について、強み・弱みを分析します。

<4つの能力>

■総評

後述する調査結果から、「あるべき状態」や「現状」に照らして、「課題」を形成したり「解決策」を立案する力は高く、問題の解決に向けて「行動」する力や、行動した結果を「評価・改善する力」も高いといえます。

これは一見すると素晴らしいことです。しかし、あえて厳しい見方をすれば、 Read more

問題発見・解決力の調査と考察(1)

■はじめに

私ども「株式会社トレイク」では、職場リーダーを対象に、問題発見・解決力を強化するトレーニング型の研修を実施しています。

(研修体系はこちら

このたび、問題発見・解決力に関する簡易診断ツールを開発して調査を行いましたので、その結果と考察について3回シリーズで紹介します。

第1回は、「調査概要」の解説です。

調査結果と考察は第2回以降で紹介します。

(第2回はこちら)

■調査を行うことになった背景

私どもトレイクでは、「職場リーダーのための問題解決研修」を実施しています。また、マネジメント研修やリーダーシップ研修のなかでも、「問題解決」の学習を行っています。

しかし、問題発見・解決力は、ビジネスパーソンに必須の能力でありながらも、「向上させるのが難しい…」という言葉をよく聞きます。

その理由として、 Read more

ひと月終えて(2017年02月)

二十四節気のひとつ「啓蟄」をむかえ、春の訪れを感じます。

天敵がまだ冬眠中の1~2月に産卵するニホンアカガエルは、

繁殖活動を終えると再び冬眠するそうです(二度寝ですね)

ここでは、2017年02月の活動を振り返ります。

*写真は夜明け前の千光寺から望む「しまなみ海道」

■企業研修

2月は九州から東北まで出張しました。

温暖な土地から吹雪の地域へ入ると、寒さがいっそう身に沁みます。

暖房のきいた部屋で受講者と一緒に妥当解を模索する幸せなひととき。

体が温まるからでしょうか。それとも、試行錯誤が好きなのか…。 Read more

ひと月終えて(2017年01月)

立春を迎えましたが、暖かくなるのはもう少し先のようです。

ここでは、2017年01月の活動を振り返ります。

■事業全般

新しい事業年度がスタートしました。

磨きをかけたいもの、創り出したいもの、変えたくないもの…。

メリハリをもって取り組みたいと思います。

■企業研修

1月は東北地方での研修が続きました。

雪の夜、ローカル鉄道の待合室で寒さこらえて座っていると Read more

その考え、何を求める

井伊直親の遺児虎松(後の井伊直政)の出世を陰で支える

井伊直虎こと次郎法師。

井伊家を絶やさんと志し、巧妙な策を講じ、徳川家康に接近したと聞きます。

思考が研ぎ澄まされるのは、生き残るための行動と果実を求めたからでしょうか。

■授業「考える力をつける」を終えて

授業「考える力をつける」を受講した皆さん、3日間おつかれさまでした。

「思考とは」「論理とは」「論理展開」など、考える力について突っ込んで学習しましたが Read more

新年(2017年)のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

昨年の世界情勢は、米国の大統領選挙を挟む景況変化、欧州の金融不安とEU諸国の足並みの乱れ、新興国の政治・経済不安などが増しました。

国内に目を移すと、株式市場や為替相場の振れ、社会保障・安全保障の揺らぎ、震災などでやはり不安が増す一方、リオ五輪の活躍、ノーベル賞受賞などで活気づきました。

このなか、私ども株式会社トレイクは、「困難を切り拓く組織と人の開発」をキーワードに、研修、教材開発、コンサルティング(自律学習支援)を柱とするトレーニング・プログラムを提供し、少しでも社会の発展に貢献したいと精進してまいりました。

新しい年、そして3期目を迎え

私どもは、教育担当者や参加者と一緒に考えるという基本姿勢を堅持しつつ、(1)プログラムとトレーナーの充実、(2)研修後も参加者が自律的に学び職場に生かすツールの開発を強化する所存です。

引き続きご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

================

~学びをトレーニングして前へいく~

株式会社トレイク

代表取締役 斎田真一

================

ひと月終えて(2016年12月)

「伊勢に七度、熊野に三度」という言葉もあるほど、多くが訪れたい憧れの地。

晦日と大晦日、一年を無事に過ごしたお礼で熊野三山と伊勢神宮を詣でました。

ここでは、2016年12月の活動を振り返ります。

■事業全般

12月は決算期。

今期をふり返り、関係の方々に感謝をして、来期への思いを新たにしました。

あわせて、2020年中期経営計画の達成にむけて、舵を少し切りなおしました。

■企業研修

12月はリピート案件が中心でした。

長い間担当していると、お客様と思わぬ出会いがあるものですが、

「あれ?ご無沙汰しています。え?ご担当に?」

思わず口にするほど嬉しい再会がありました。

Read more

ひと月終えて(2016年11月)

「早いものでもう師走…」とは使い古された言葉。

もうひと月「走」らねばならないのに、すでに走り続けてきた隠を感じます。

私にとっては、そう感じるほど走り続けた11月でした。

今回は、2016年11月の活動を振り返ります。

■企業研修

11月はほとんど出張でした。しかも、一日ごとに仕事場が変わり、宿が変わり、大移動が伴いました。

数年前、同じく出張が重なったおり、朝目が覚めると「ここはどこ?今日は何をするの?」と錯乱状態に。

今回はそれほどではありませんが、それでも正気を保ち(笑)、体調維持に気をつけました。

階層別研修では、 Read more

1 2 3 4 5 8