管理者のための「部下面談の技術」 No.03「期首面談の良い例 2.面談の目的を確認する」

■はじめに

私ども株式会社トレイクでは、管理者や職場リーダーの「部下面談」について、研修やコンサルティングを通じて支援しています。ここでは、部下面談の技術をシリーズで紹介します。

(関連リンク)管理者のための「部下面談研修」


No.03「期首面談の良い例 2.面談の目的を確認する」

良い例の2つめは、「面談の目的を確認する」です。

まず、部下から事前に提出してもらった目標管理シートについて、よく読んだことを伝えます。

そのうえで、(いきなりシートの具体的な内容を話し合う前に)面談の目的を確認し合います。

面談の目的は組織や面談の特性、上司・部下との関係性によって違いますが、大きくは次の4点です

 

1.組織目標を再度共有する

2.組織目標と個人目標の整合を確認する

3.目標の達成方法についてアイデアを出し合う

4.目標以外の相談や要望を受ける


■イメージトレーニング!

私どもトレイクが「部下面談研修」で使用しているアニメーション動画から、静止画を切り出しましたので、イメージトレーニングしましょう!

 


さあ一緒にトレーニングしましょう!

<次回へつづく>

================

株式会社トレイク(TRAIC.Ltd)

斎田真一(かえる先生)

================

 


■関連リンク

▼研修

▼書籍

管理者のための「部下面談の技術」 No.02「期首面談の良い例 1.緊張を解く」

■はじめに

私ども株式会社トレイクでは、管理者や職場リーダーの「部下面談」について、研修やコンサルティングを通じて支援しています。ここでは、部下面談の技術をシリーズで紹介します。

(関連リンク)管理者のための「部下面談研修」


No.02「期首面談の良い例 1.緊張を解く」

ここからは、期首面談の良い例です。

一つめは、「緊張を解く」です。

メンバーは上司と面談する際、多少なりとも緊張することでしょう。

そこで、上司は、いきなり本題から入るのではなく、まずは仕事とは関係のない雑談から入り、緊張を解くことが基本となります。

ただし、メンバーによっては(上司との)雑談が苦手という方もいますから、(仕事の話でもいいから)日ごろの活動に感謝を述べ、緊張を解くのもよいでしょう。


■イメージトレーニング!

私どもトレイクが「部下面談研修」で使用しているアニメーション動画から、静止画を切り出しましたので、イメージトレーニングしましょう!

 


さあ一緒にトレーニングしましょう!

<次回へつづく>

================

株式会社トレイク(TRAIC.Ltd)

斎田真一(かえる先生)

================

 


■関連リンク

▼研修

▼書籍

管理者のための「部下面談の技術」 No.01「残念な期首面談」

■はじめに

私ども株式会社トレイクでは、管理者や職場リーダーの「部下面談」について、研修やコンサルティングを通じて支援しています。ここでは、部下面談の技術をシリーズで紹介します。

(関連リンク)管理者のための「部下面談研修」


No.01「残念な期首面談」

まずは、期首面談の残念なシーンです。

突っ込みどころ満載につくりました(笑)


■イメージトレーニング!

私どもトレイクが「部下面談研修」で使用しているアニメーション動画から、静止画を切り出しましたので、イメージトレーニングしましょう!

 

 


あらあら、困りましたね…。

設問をおさらいしますと

上司の言動について…

  1. なにが「問題」ですか
  2. どのように「改善」すべきですか

…でしたね。

さあ研修で一緒に考えましょう!

<次回へつづく>

================

株式会社トレイク(TRAIC.Ltd)

斎田真一(かえる先生)

================

 


■関連リンク

▼研修

▼書籍

ケーススタディー「A社の事業戦略」

■はじめに

ケーススタディは、組織や職場の取り巻く状況を把握し、その問題を多角的に発見し、優先的に取り組む課題を形成して、解決策を立案する学習方法です。ケーススタディーにより、状況把握力・思考力・表現力などが高まり、そこから得られた教訓は実践に役立ちます。

かえる先生が作成したミニ・ケースで一緒に学びのトレーニングを行いましょう!

————————————————

ケース「A社の事業戦略」

————————————————

■状況設定文

A社は、国内の大手玩具メーカーで、直近の売上高は500億円である。

Read more