著書『つくってみよう!自分流リーダーシップ』の発売について

■著書の発売について

このたび、拙著『つくってみよう!自分流リーダーシップ~リーダーに必要な50の行動~』(産業能率大学出版部)が発売されました。

<リンク先:産業能率大学出版部>

http://www.sannopub.co.jp/db_book.php?bkc=5760

内容は、職場リーダーに必要な50の行動をカードで見える化したうえで、等身大のリーダーの事例をもとにカードを組み立て方を学び、読者流のリーダーシップをつくりあげるものです。

<書中引用>

 この本は、職場で初めてリーダーになった方、リーダーのあるべき行動がわからない方、リーダーとしての経験を整理して今後の成長につなげたい方、部下・後輩を育てたい方、リーダー候補として将来飛躍したい方のヒントになればという思いからできあがりました。

読者の皆さんの道を少しだけ照らし、そっと背中を押せるものになれば幸いです。

■リーダー行動カードについて

巻末には、付録として、50枚のリーダー行動カードがついています。

4年前のある研修で、職場マネジメントに必要なリーダーの行動を、 Read more

”マネジメント見えるカード”を使った研修

■”マネジメント見えるカード”を使った研修とは

マネジメント見えるカード”を使った研修とは、職場マネジメントに必要な技術(リーダー行動、部下指導、仕事の管理、チームビルディング)を描いたカードを使って、講義や演習を行います。

これにより、職場マネジメントに必要な技術をわかりやすく理解したり、受講者の強み・弱みを発見して自己啓発目標の設定につなげたりします。

■”マネジメント見えるカード”を使った研修の一覧

(1)”リーダー行動カード50” を使った研修

(2)”リーダー行動カード100” を使った研修

(3)”部下指導カード50” を使った研修

(4)”仕事の管理カード50” を使った研修

(5)”チームビルディングカード50” を使った研修


(1)”リーダー行動カード”50 を使った研修

職場マネジメントの原動力は職場リーダーの適切な行動です。しかし、適切なリーダー行動がわからない、自分の強み・弱みがわからないと感じる方も少なくありません。

”リーダー行動カード50”を使った研修は、初級リーダーを対象に、基本的なリーダー行動を描いた50枚のカードを使って、講義と演習を行います。

これにより、基本的なリーダー行動を理解でき、リーダーシップに関する強み・弱みの発見につながります。

(2)”リーダー行動カード100” を使った研修

職場リーダーは幅広い行動や資質を身につけ、状況に応じて最適なふるまいをすることが大切です。しかし、幅広い行動・資質がわからない、状況に適したふるまいができないと悩む方も少なくありません。

”リーダー行動カード100”を使った研修は、中級リーダーを対象に、リーダーに必要な行動や資質を広く描いた100枚のカードを使って、講義と演習を行います。

これにより、見落としがちなリーダー行動や受講者の隠れた強み・弱みを発見できます。

(3)”部下指導カード50” を使った研修

部下・後輩の指導は、相手のタイプに合わせて指導方法を柔軟に変更することが大切です。しかし、色々な指導方法を知らない、相手のタイプに合わせることができないという方も少なくありません。

”部下指導カード50”を使った研修は、初級~中級リーダーを対象に、部下指導の技術を描いた50枚のカードを使って、講義と演習を行います。

これにより、部下指導の方法の幅を広げ、相手のタイプにあわせて指導方法を柔軟に変更することができます。

(4)”仕事の管理カード50” を使った研修

仕事の管理は職場の業績に直結する大切な働きです。しかし、適切な目標を設定できない、PDCAのサイクルを回せない、問題を解決できないと悩む方も少なくありません。

”仕事の管理カード50”を使った研修は、初級~中級リーダーを対象に、職場の目標設定、PDCA、問題解決といった仕事を管理・推進する技術を描いた50枚のカードを使って、講義と演習を行います。

これにより、正しい方法できめ細かく仕事を管理し、業績向上に役立てます。

(5)”チームビルディングカード50” を使った研修

チームビルディングは、チームの一体感と相乗効果を高めて大きな成果を出すために有効です。しかし、チームを活性化できない、成果を出すためのプロセスがわからないと悩む方も少なくありません。

”チームビルディングカード50”を使った研修は、初級~中級リーダーを対象に、チームの一体感と相乗効果を高めて成果を出すための技術を描いた50枚のカードを使って、講義と演習を行います。

これにより、チームを活性化させつつ大きな成果に導くことが期待されます。

ひと月終えて(2018年07月)

結核を患う正岡子規が自称した「獺祭魚」。

私の祭儀と化した執筆を終えても、書物は魚のごとく並んだままです。

ここでは、2018年07月の活動を振り返ります。

(写真は、高千穂峡)

■創業11年目

おかげさまで、創業して10年が過ぎ、11年目に入りました。

「働く人の学びを支援する」をコンセプトに、「本質的で役立つもの」「少し変わっているもの」を価値として「スモールビジネスで」「確実に」提供することを心がけてきました。

株式会社トレイクの代表者として、講師・コンサルタントとして、 Read more

ひと月終えて(2018年06月)

~深梅雨や犬一匹がとぼとぼと~(馬魚)

ここでは、2018年06月の活動を振り返ります。

(写真は、岩手県二戸市の馬仙峡から仰ぐ)

■企業研修

6月は、管理者研修やビジネススキル系の研修を担当しました。

新任管理職の悩みについては、このブログでよく記していますが、研修で「管理職になった気持ち」をたずねると、今回も8~9割がネガティブな言葉を口にしました。

ただ、「どうしようもない」「このままではいけない」と思い直すのが早いのも管理職の特徴。

研修で参加者と語り合い、マネジメント・スキルを学ぶうちに、 Read more

ひと月終えて(2018年05月)

梅雨の長崎、続く平和の祈りと修学旅行生

ここでは、2018年05月の活動を振り返ります。

(写真は、長崎平和祈念像)

■企業研修

5月は、各地で新任管理者の研修を担当しました。

新任管理者の方が直面する課題は、「処理することが多い」「会議が多い」「プレイヤーの比重が大きくてマネジメントができない」といったものです。

そりゃ就任して1~2ヶ月ですから、仕事の質や量が大きく転換することに戸惑いもあるでしょう。

ましてや、コンプライアンス、ハラスメント、メンタルケア、働き方改革は待ったなし。初めての人事考課も控えています。

現業のメンバーからは、「こんど来た管理者は、 Read more

柳に風

柳の都、新潟。

日本海に沿って朝ラン。

仕事では、古町芸妓の中島田、日本酒の「今代司」、新潟のお寿司が話題に。

その3点セット、まずいです。

行ってしまいます。夜の古町へ。

誘ってしまいます。悪い友達が。(悪いのは私です…)

旧制新潟高校の寮から古町方面へ向かう途中、「どっぺり坂」という坂があります。

名前の由来は、「遊びすぎて落第する」だとか。

「そりゃ遊びすぎるとね…」と他人事で、夕暮れを東へ。

日本海の夕陽を見ながらランニングという計画はどこへやら。

「もう朝日を浴びたしね…」とつぶやき、東へ東へ。

痛い、頭が痛い。

「頭じゃない、足が痛いのだ」

ということにして、翌朝の信濃川ほとりの朝ランはご破算に。

逆らわない、逆らわない…。

さわやかな風に柳がなびいています。

kaeru-sensei

================

株式会社トレイク(TRAIC.Ltd)

斎田真一(かえる先生)

================

 

ひと月終えて(2018年04月)

「ハナミズキ」が、派手すぎない、地味すぎないことを教えてくれます。

ここでは、2018年04月の活動を振り返ります。

(写真は、いま話題の?五平餅)

■企業研修

4月は、新入社員向け研修を実施しました。

マネジメント研修が中心の私どもにとって、新入社員の方と学ぶのは、原則この時期だけの貴重な機会です。

社会人として歩みはじめるお手伝いができることに喜びを感じ、楽しく、ちょっとだけ厳しく講師を務めました。

また、パートナー講師の素晴らしい仕事ぶりにもお礼を述べたいと思います。

受講者の状況に合わせてインストラクションを柔軟に変更していただきました。これができるのも、怠りない事前準備と、受講者のお役に立ちたいという気持ちがあってこそだと思います。まさにプロ!

ところで、新入社員をみると、リテラシーが年々高まっていくのを実感します。パソコンをうまく使いこなし、論理的に表現することもできます。

一方で、人の気持ちを察し人の心を動かす情動性は、 Read more

ひと月終えて(2018年03月)

雪の多かった冬が終わり、桜がはや散り始めています。

冬の名残りを惜しむ間もなく、春は突然そこにいました。

ここでは、2018年03月の活動を振り返ります。

(写真は、大川の桜)

■企業研修

3月は、年間を通して実施するいくつかの研修が最終回を迎えました。

管理職研修では、さまざまなマネジメントスキルを強化して、マネジメントに関する自分なりの持論を描いてもらいました。

ユニットリーダーとして、上位組織や他部署をつなぐ立場として、より良い職場運営を行ってください。ご活躍をお祈りします。

若手研修では、たくましく成長した姿を目にしました。曖昧なテーマを出しても、 Read more

ひと月終えて(2018年02月)

春を告げる風が、梅の香りをそっと運んでくれます。

ここでは、2018年02月の活動を振り返ります。

(写真は、弘前城としだれ桜)

■企業研修

2月は、主にビジネススキル系の研修を担当しました。

「情報活用」の研修では、経済新聞・経済雑誌を読み解き、ビジネスに生かすアイデアを発想する学習を行いました。

「段取り」の研修では、 Read more

ひと月終えて(2017年10月)

諏訪大社(下社春宮)の御柱が銀杏の色に照らされていました。

ここでは、2017年10月の活動を振り返ります。

■企業研修

10月の前半は、若手・中堅の研修を、後半は管理・監督者の研修を行いました。

私は幅広い対象に研修を行っているので、月の前・後半で対象がきれいに分かれるのは珍しいことですが、かえって頭と心を切り替えることができました。

なかでも印象的なのは、管理・監督者の研修における、「インバスケット演習」および「会議ファシリテーション演習」です。

<参考投稿>職場リーダーのための「インバスケット&ファシリテーション研修」

インバスケット演習(1日目)では、 Read more

1 2 3 8