トレーニング型「職場の問題解決研修」

■研修の概要

変革のマネジメントを行う管理職や職場リーダーに必要な、職場の混沌とした問題を戦略的に解決するスキルを高めます。ドロドロした雰囲気の職場になるメカニズムの理解、取り組むべき(取り組まない)問題の選定方法、問題を完全に解消するのではなく深刻度を下げる技法などをトレーニングします。

■主な対象者

・管理職や職場リーダー
・より戦略的な問題解決を学びたい方
・職場の目標達成や活性化に問題を抱える方

■参加者の感想

・「問題は人の心が決めるもの」という講師の言葉が印象に残った
・「メンバーが互いを尊重しながら解決策を創ること自体が職場の問題を解消する」という教えをぜひ
 実行したい
・これまで全ての問題に対処していたが、取り組まない問題を決めるという戦略的思考が必要だとわかった
・問題を無くすのではなく、問題の深刻度を下げるという考え方が新鮮だった

■カリキュラム(標準2日間コース)

1日目 2日目
■オリエンテーション

■変革のマネジメントと問題解決

  1. 変革のマネジメントとは
  2. 職場の問題解決の重要性と進め方

■問題解決体験ゲーム
~職場の問題解決を体験しよう!~

  1. 混沌とした状況を読み解こう
  2. 問題を発見しよう
  3. 解決策を考えよう
  4. 問題解決を実行しよう
  5. 結果を評価しよう

■事例研究
~ある職場のドロドロした問題解決を考える~

  1. 混沌とした状況を読み解く(仕事・人・仕組み・風土から)
  2. 問題を発見する
  3. 解決策を考える
  4. 実行した場合の成果とリスクを想定する
■自職場研究
 ~自職場の問題を発見・解決する~

  1. 自職場の混沌とした状況を読み解く
  2. 問題を発見する(探す問題・創る問題)
  3. 課題と目標を設定する
  4. 原因を分析する
  5. 解決策を立案する
  6. 実行した場合の成果とリスクを想定する

■まとめ