研修

■トレイクの研修とは

職場は、人・仕事・仕組み・風土が相互に作用する複雑なシステムといえます。その職場で変革のマネジメントを発揮するためには、マネジメントスキルを一つひとつ積み上げても効果が期待できません。困難な状況に耐えるマインドと、試行錯誤しながら切り拓くための各種スキル(状況を知る、絵を描く、道筋を考える、人を巻き込む、やり遂げる)が相互に作用する総合力が大切です。

トレイクの研修とは

トレイクは、複雑すぎて強化が後手に回りがちな「マネジメントの総合力」にこだわり、実践的なマネジメント研修を提供しています。

研修の構成は、1)知識と思索を深める「理論学習」、2)ロールプレイング、ケーススタディーなどの「体験学習」に加え、3)トレイクが得意とする困難な状況を試行錯誤しながら切り拓く「ビジネストレーニング」です。3つが相互に作用し、マネジメントの総合力強化につなげます。
さらに、マネジメントスキルを個別に強化する「マネジメントスキル別研修」もシリーズ化。
ニーズにあわせて最適なコースを選択できます。

トレイクがこだわる総合力を高める実践的なマネジメント研修

■トレーニング型研修だからこそ「場」を大切に

トレイクは、グループワークやクラスワークの「場」は、職場や地域社会の「場」と同じであることを、参加者に意識してもらっています。

場とは、人と人がコミュニケーションを通じて相互作用を働かせる空間です。研修では、各参加者が知識・経験、意欲・素直さを持ち寄り、コミュニケーションを通じて、感じるチカラを共感に、考えるチカラを創発に、行動するチカラを協働に発展させ、成果と学習を追い求めます。それらの前提として、「尊重」「失敗歓迎」「明るく・楽しく・前向きに」というルールを大切にしています。

研修で、場の意義を理解し、場を活性化させる実践的なトレーニングを積めば、きっと職場や地域社会でも役に立つと考えています。

トレーニング型研修だからこそ「場」を大切に

■他のプログラムと相乗効果を

トレイクは、「研修」に「教材開発」や「コンサルティング(自律学習支援)」を組み合わせることで、現実味があり即効性のある教材を用いることができ、診断結果やOJTなどの実情を反映したカリキュラムを提供することができます。

また、研修参加者の思考・行動特性などをお客様独自の教材に反映させたり、研修での学習を職場に転移させます。

他のプログラムと相乗効果を

■お客様と一緒につくる

トレイクは、お客様の気持ちに寄り添い、責任をもって一緒に研修をつくりあげることを大切にしています。

具体的には、育成担当の皆さまと一緒に、1)プログラムを検討、2)トレイクのケース(事例研究)作成ノウハウを生かして、参加者の職場状況が描かれたオリジナルケースを検討、3)マネジメントスキルチェックを検討します。これにより、現実味ある研修カリキュラムの構築や効果測定などに役立てます。(※ケースやテストは別途有償、別途ヒアリング要)。

また、研修前、中間実践、研修後などに参加者の職場を訪問。職場での活動方法を助言をしたり、参加者の心理カウンセリングを実施したり、自律学習方法を提案します。

※詳しくは「研修実施までのながれ」ページをご覧ください。