教材開発

■教材開発に対する考え

トレイクは、管理職や職場リーダーおよび職場メンバーのためのトレーニング教材を開発しています。開発のコンセプトは、“現実味がある”こと。お客様が派遣した研修参加者の思考・行動特性をケース(事例研究教材)に反映したり、診断結果や職場の状況を反映し、お客様オリジナルの教材に仕上げます。また、研修では現実味があり即効性がある教材として活用し、職場では自律的に学習できる教材として活用します。

また、現実味がある教材は既成概念が邪魔をして、斬新な発想を生みにくいデメリットがあるのも事実。そこでトレイクは、架空組織のケースや一般的なスキルチェックも用意。ご要望にあわせて最適な教材を提案します。

教材開発に対する考え