著書『つくってみよう!自分流リーダーシップ』のご紹介

■本のご紹介

本の発売から3ヶ月。

これまで、内容について具体的に紹介したことがないため、ここでは、少し詳しく紹介いたします。

『つくってみよう!自分流リーダーシップ~リーダーに必要な50の行動~』(産業能率大学出版部)

 

 

■リーダーの2つのスタンス

リーダーのスタンスは2つ。

チームの目標達成にむけて心をオニにするスタンスと、チームの活性化にむけてメンバーと仲良くするスタンスです。

2つのスタンスは、状況にあわせて、柔軟に使い分けます。

■リーダー行動の3つの領域

チームの目標達成と活性化にむけて、リーダーが行動すべき領域は3つ。

1.影響をあたえる(コミュニケーションとリーダーシップ)
2.事をなす(目標設定・PDCA・問題解決)
3.人をいかす(指導育成・職場づくり)

リーダーは、3つの領域をうまく運営し、チームの目標達成と活性化を目指します。その結果、組織全体の方向性の実現に貢献します。

■リーダー行動カード

本の巻末には、付録があります。

リーダーの行動を50枚のカードにした「リーダー行動カード」です。

付録を開くと、リーダー行動の名称とイラストが登場します。イラストは、私が研修でホワイトボードに描いているイラストです。

カードは点線にそって切ることができますが、ミシン目は入っていませんのでハサミをご用意ください(笑)

本の中では、50のリーダー行動について、それぞれ詳しく解説しています。

・どんなときに発揮するの(カードを使うの)?
・○○(リーダー行動の名称)のチカラを高めるには?

さらに、10人の等身大のリーダーの事例も紹介しています。

事例を読み、そのリーダーがどのようなリーダー行動を発揮しているかを、カードを組み合わせて見える化できるようにしました。

 

■重点的にリーダー行動を強化する

50のリーダー行動は代表的なものばかりですが、読者によっては、すぐに強化すべき行動と、そうでない行動があることでしょう。

この本では、どんどん実践すべき行動、できるだけ早く克服すべき行動に分類できるようになっています。

一方、行動を発揮する機会づくりから始めるもの、いまは強化に取り組まないものにも分類できます。

濃淡をつけて、本当に必要な行動から、重点的に強化していただきます。

■本の応用

付録のリーダー行動カードは、私どもトレイクの、管理者研修やリーダーシップ研修で活用しています。

参加者の、これまで・これからのリーダー行動を考えたり、等身大のリーダーの行動を研究したりするときに使用します。

また、50のリーダー行動は、クライアントの「リーダーシップ診断」「職場診断」、または各種調査における50の項目となります。

私どもの「マネジメント脳テスト」(マネジメント知識・思考力テスト)の試験範囲としても、活用を広げる予定です。

■この本が皆さまの成果と成長の一助になれば何よりです。

 

kaeru-sensei

 

================

株式会社トレイク(TRAIC.Ltd)

斎田真一(かえる先生)

================