トレイクの特長

■対象は、管理職や職場リーダー

職場の目標達成と活性化を果たす要は、なんといっても管理職や職場リーダーのマネジメント力です。
トレイクは、マネジメント経験豊富なトレーナーが、マネジメントの苦悩や喜び、成功体験を伝え、背景理論にもとづくマネジメントの知識と技術も伝授しながら、マネジメントの強化をサポートします。

■内容は、困難な状況を切り拓くプログラム

不確実性が高まるなか、職場ごとに最適な“変革のマネジメント”を模索する必要があります。
トレイクは、困難な状況を切り拓くプログラムで、ものの見方・考え方を変え、試行錯誤とノウハウ蓄積をうながし、最適なマネジメントの追求をサポートします。

■方法は、トレーニング型

「わかる」と「できる」の大きなギャップを埋めるのは、「やってみる」こと、ノウハウを「ためる」ことです。

トレイクは、ビジネス・トレーニングに長けたトレーナーが、試行錯誤の仕方やノウハウの蓄積方法を伝授し、“わかる、そして、”できるへ“をサポートします。

成果へたどりつくトレーニング型学習

■職場で生かすことを意識して

刺激と感受性を高めるだけのトレーニングは、職場で成果をあげるのに不十分です。
トレイクは、背景理論をもとにしたマネジメントの知識と技術をわかりやすく解説し、体験学習とトレーニングを加えることで、職場で生かすところまでサポートします。

■一緒に、一緒に

育成プログラムは、経営者、育成担当者、参加者のニーズを合致させることが大切です。
トレイクは、経営者や育成担当の皆さまと一緒に研修カリキュラムを考えます。また、研修時には参加者の意欲・理解度を観察し、難易度などを柔軟に調整します。難しいテーマに挑戦するときは参加者と一緒になって考えます。

kaeru2